ブログ

Blog

小児のマスク

2020年12月1日に東京都八王子市フォレストモール八王子大和田に開業予定テディ歯科クリニック八王子の院長三木です。

テディ歯科ではコロナ感染予防のために来院していただくにあたってマスクをお願いしようとおもいます。

2歳未満のお子さんについては

日本小児科医会から次のような回答があります。

日本小児科学会まとめ(5 月 20 日)
1. 国内外において子どもの感染者数は少ない 海外の小児の感染者
中国(2.4%)、米国(1.7%)、韓国 10 歳未満 1.0%、10~19 歳 5.2% 国内の小児の感染者(2020 年 5 月 7 日現在)
0-19 歳: 606 名(3.9%)(人口に占める小児割合は 17%)
2. 子どもは感染しても、無症状か軽症が圧倒的に多く、健康な子どもの重症例は少ない
国内の小児(0-19 歳)の重症例: 2/609(0.3%)←基礎疾患あり
海外(中国、シンガポール)(0-9 歳)1/444(0.2%)
3. 感染拡大の主体は大人から子どもである *これまで「子どもから大人」、「子どもから子ども」の伝播の報告は極めて少ない。
香川県の保育園(職員 11 人の感染で園児の感染は 2/147) 1

富山市の小学校の事例(教師 1 名、生徒 5 名の感染)は学校内のクラスターでない
と判断されている
海外での報告
オーストラリア
5 つの学校で 18 人の感染者(9 人の学生と 9 人のスタッフ)が 863 人(職員
128 人、生徒 735 人)と濃厚接触→感染したのは 2 名のみ(小学生、高校生各 1 名) フランス
症状のある 9 歳児が 112 名と濃厚接触後、感染者なし 国内でのこれまでの経験から
休園・休校中に開いていた保育園、学童保育などでの集団感染の報告なし
4 月の学校再開後も、子どもが発端の園・学校のクラスター発生の報告なし 感染した子どもには大人と同等のウイルス量が存在するので大人と同様に他に感染させ る可能性はあるが、その強さについては不明 喉や鼻以外にも、便の中にウイルスが長く残る
以上より、 ・子どもは新型コロナウイルスに感染しにくく、重症化もしにくい ・子どもからの感染、子ども同士での感染もとても少ないと回答されてます。

2歳未満の子はまだ呼吸が未熟なうえ苦しくてもつたえることがむずかしいみたいで、熱中症の危険性もますため推奨されないとのことです。

コロナ禍において不安な日々が続きますが2歳未満のマスクについては注意が必要です。

令和2年12月1日開業予定

東京都八王子市フォレストモール八王子大和田の歯科医院

テディ歯科クリニック八王子

院長三木浩司